「郡上市魅力ある地域づくり推進事業補助金」

「郡上市団体提案型協働事業」


第二次の申請を受け付けています!!

今年度の第二次募集が始まりました。

『郡上市ホーページ-政策推進課のお知らせ』のここここをご覧ください。

申請書類の受け付けは5月10日(金)までです。

地域づくりに取り組んでおられるみなさまの申請をお待ちしております。

また、申請をお考えの自治会や市民団体のみなさまからの相談も大歓迎です。

要項や申請書類は案内画像の下部からダウンロードできます。

ダウンロード
上の案内文書のPDFはここからダウンロードできます。
第一次補助金案内.pdf
PDFファイル 613.1 KB

要綱・申請書類・報告書類のダウンロード

魅力ある地域づくり推進事業


ダウンロード
郡上市魅力ある地域づくり推進事業補助金交付要綱.pdf
PDFファイル 128.5 KB

申請書類様式

ダウンロード
交付申請書.rtf
テキスト文書 81.4 KB
ダウンロード
活動計画書.rtf
テキスト文書 51.6 KB
ダウンロード
予算書.rtf
テキスト文書 75.3 KB

報告書類様式

ダウンロード
実績報告.rtf
テキスト文書 52.4 KB
ダウンロード
事業報告.rtf
テキスト文書 48.5 KB
ダウンロード
決算書.rtf
テキスト文書 75.3 KB

団体提案型協働事業


ダウンロード
郡上市提案型協働事業募集要項.pdf
PDFファイル 339.9 KB
ダウンロード
郡上市提案型協働事業実施要項.pdf
PDFファイル 115.7 KB

申請書類様式

ダウンロード
提案書.rtf
テキスト文書 65.7 KB
ダウンロード
計画書.rtf
テキスト文書 96.7 KB
ダウンロード
収支予算書.rtf
テキスト文書 107.4 KB
ダウンロード
団体の概要書.rtf
テキスト文書 83.4 KB

報告書類様式

ダウンロード
結果報告書.rtf
テキスト文書 57.3 KB
ダウンロード
収支決算書.rtf
テキスト文書 111.1 KB


ぎふ地域の絆づくり支援センター


岐阜県は、県民の皆さんが地域とのつながりを持ち、地域の絆をはぐくみ、誰もが安全に安心して暮らせる地域コミュニティを築いていくため、互いに支え合う新たなコミュニティモデルを構築する「地域の絆づくり重点推進モデル事業」を進めています。

その取り組み進めるために、モデル事業の成果を広く発信・普及するとともに、先進事例の情報提供、地域を担う人材の育成や地域課題の解決を広域的・専門的にサポートする、地域コミュニティ活性化のための総合的な支援拠点として「ぎふ地域の絆づくり支援センター」を設置しています。

 

1名称ぎふ地域の絆づくり支援センター

2所在地岐阜県庁6階環境生活部環境生活政策課地域コミュニティ室内

3支援体制センター長(地域コミュニティ室長)

 地域コミュニティ室職員、専門員1名

4電話番号058ー272ー8199(直通)

 Eメールc11260@pref.gifu.lg.jp(環境生活政策課)


 支援センターの機能
  相談・情報提供

 ・県内外の先進的な活動情報や団体情報の集積、提供

 ・NPO・生涯学習プラザなど各種機関との連携

 センターでは地域の課題を抱える皆様のもとに職員が出向きニーズをお聞きしながら必要なサ   ポートにつなげます。

また、絆づくりのための調査や県内外の先進的な事例・団体等の情報を収集・蓄積しています。

 ◆各種助成事業情報

・各種助成の情報は、こちらをクリック。

 ◆各種先進事例情報

 ・地域コミュニティ団体等の取組事例・先進事例集はこちら

 (岐阜県「地域の絆の再生による安全・安心な地域づくり課題調査」より)

  ・岐阜県清流の絆ぎふ県民交流研修会」での発表事例

 

 モデル事業の普及啓発
 
・地域の絆づくり重点推進モデル事業の成果発信

 県では、特性の異なる2つの地域で、住民同士が地域で支え合い、絆づくりを進めるモデル事業
 を実施しました。センターでは、モデル事業の成果・ノウハウをお伝えします。

 

 ◆平成25年度北方町ひなたぼっこくらぶ<郊外新旧混住地モデル>

 北方町の地域住民組織「ひなたぼっこくらぶ」では、外部専門機関と連携し、集合団地内の集会場      を再活用し、地域住民の支え合い活動の拠点として、住民ボランティアの協力のもと、乳幼児親子や  高齢者が集い交流できる、多世代交流サロンを運営し、親子のふれあい「ましゅまろday」、健康体操「はつらつday」、住民同士の会食「ともに昼食・ともに夕食」、家事支援「お助け隊」などを展開しました。

 

◆平成24年度可児市若葉台自治会高齢福祉連合会<高齢住宅団地モデル>

可児市の「若葉台自治会」では、高齢化の進む団地住民の生活支援を行うため、主要な地縁団体が連帯して「高齢福祉連合会」を立ち上げ、支え合い活動のネットワーク化が図られています。住民ボランティアが常駐する若葉台支援センターを拠点に、高齢者同士の会食「和みの会」、高齢者男性向け「ダンディーサロン」、買い物等を支援する無料送迎車「アッシー君」の運行、健康講座「いきいき若葉」、炊き出し防災訓練などを展開しました。

 

 人材の活用・育成
 ・コミュニティサポーター(講師)人材バンクの運営
地域づくり、絆づくりに先進的に取り組むキー            パーソンや助言者の情報をお探しではありませんか。

センターでは人材リストを一元的に管理し、課題に応じてご仲介、ご提供します。

◆コミュニティサポーター(講師)の情報は、こちらをクリック。

 

・岐阜県コミュニティ診断士・次世代地域コミュニティリーダーの育成

 住みやすい地域づくりにチャレンジしませんか。活動するうえで周囲の方からもっと理解・協力   が得られたら、とお悩みではありませんか。

 センターでは地域の取組を先導するマネジメント研修等を通じて次世代リーダーや地域づくりを    サポートできる専門家を育成しています。

 ◆岐阜県コミュニティ診断士については、こちらをクリック。

 ◆次世代地域リーダー塾については、こちらをクリック。


 絆づくりの支援活動
 
・専門家等のアドバイザー派遣

 ・ワークショップの開催

 専門家の派遣により地域づくりに必要な助言、指導を受けてみませんか。

 課題の抽出、運営方針の決定等を住民の皆さんで話し合うワークショップを開催しませんか。

 センターが課題解決力の向上をお手伝いします。

 ・視察交流等による相互の学び合いをコーディネート

 先進的な他地域の取組を、住民の皆さんで一緒に視察し、相互に理解を深めてみませんか。

 取組の経験を他地域に伝え、拡げていきませんか。センターが視察交流のための仲介やバス等、
 必要な準備をご支援します。

 ※地域の課題解決応援事業を活用すればサポーター(講師)に対する謝金・交通費等、視察交流  に必要な移動バス経費等は県が負担します。

 地域の課題解決応援事業については、こちらをクリック
 岐阜県の民間助成金情報


助成金・補助金(公的機関)


岐阜県地域活性化ファンド事業費助成金

歴史・自然・文化を活かした観光産業の発展と地場産業のブランド力の向上、さらに地域資源を活用したまちづくり、新しいビジネスの創出・成長の実現のための支援策として、基金「岐阜県地域活性化ファンド」の運用益で地域資源を活用した創業・経営革新につながる多様な取組に対し、年間運用益の範囲内で助成を行います。 

平成26年度の募集を以下のとおり行います。
募集事業のうち、いずれかの事業を実施しようとする場合は、関係書類を添えて次により助成金交付申請書を提出してください。
 申請書提出前に必ず当センターに相談してください。

 http://www.gpc-gifu.or.jp/fund/chiiki/


助成金・補助金(民間機関)


宮城NPO情報ネットの復興・支援活動に対する助成金情報
東日本大震災の復興・支援等の活動を対象とした助成金の一覧です。 
活動分野や法人格の有無などそれぞれ異なりますので、リンク先の要項をご確認ください。
 

ビジネス関連の助成制度
中小企業ビジネス支援サイト