第6回まちづくりフェスティバル


まちフェス開催されました

GOOD郡上プロジェクト提案一覧

整理 番号 提案名 課題 提案概要
1001 良良ちゃん&秋列車を走らせよう 長良川鉄道利用者の減少 線路沿いの紅葉が美しい場所で列車のスピードを落とし楽しんでもらう 企画列車のPRとして良良ちゃんと長良川鉄道のポスターや看板をつくる
1002 観光客を増やすため特産物となるような水風鈴の製作 観光客の減少 郡上の有名な物をデザインした風鈴の製作(良良ちゃんや鮎など) 中学生がデザインを考案する
1003 観光客のためのハザードマップ 観光客の防災 各地域の避難場所と危険個所のハザードマップを掲載したポスターやパンフレットを作成する。災害時に観光客にも避難場所が分かるようにする
1004 観光を楽しく。スマホを使った観光 地域活性 地域住民や観光客が一緒にフォトラリーや写真コンテストを行う フォトラリーで撮った写真を郡上市のホームページに掲載。ランキング形式にする
1005 郡上のお店名所PRパンフレットを作ろう 地域活性 郡上の伝統的なお店やサンプルなどを紹介しPRパンフレットを作成する 旧庁舎記念館、市役所、町の人にお願いしてパンフレットを置いてもらう
1006 中学生ショップをつくる 伝統文化の継承 郡上の伝統文化である郡上おどりを中学生が観光客に教え、楽しさを伝える
オリジナルグッズを製作する
1007 郡上について知ってもらえる店 伝統文化・特産物の発信 旧庁舎記念館、博覧館などに中学生のオリジナルショップを設置する 特産物をアレンジし、下駄のアクセサリーや鼻緒を売り出す
1008 体験型中学生ショップ 伝統文化・特産物の発信 旧庁舎記念館・博覧館などでサンプル作り体験等ができるショップを開く 鶏ちゃん、明宝フランクを売り出し、中学生がイベントのと知らせを配る
1009 中学生ショップをつくる 地域活性 伝統文化の写真展示、サンプル、鶏ちゃん、水まんじゅうをつくる 伝統のある街中で中学生ショップを開き販売する
1010 郡上だけにしか売っていないグッズをつくる 若者の流出 下駄と食品サンプルをコラボレーションした商品を売り出す (スマートフォンに着けられるイヤホンジャック、下駄の鼻緒につける飾りなど)
1011 郡上の自然を生かした物づくり 地域活性 水まんじゅうをのせたかき氷、郡上市の材料を使ったパフェをつくる。郡上市の木を使った箸をつくる。春は桜、秋は紅葉、冬は南天など季節によって変える
1012 観光客に買ってもらえる商品開発 地域活性 水まんじゅう風だんご、水まんじゅうパフェ、水まんじゅうサンプル、下駄の鼻緒につけるサンプル等の商品を開発する ターゲットは女性
1013 魅力的な商品の開発 地域活性 藍染め、本染めでつくる髪飾り、鼻緒が郡上紬の下駄、藍染のシュシュ、端切れストラップ、郡上びくの技術を使った髪飾りや花器、かごバッグ
1014 足水コーナーの設置 地域活性 石臼や郡上産木材を使って足水コーナーを設置する 可動式の屋根を設置する、飲食店と連携するなど工夫する
1015 ごみ袋を配り町をきれいに ごみ問題 郡上おどりに来た人にごみ袋を配る 駐車場にゴミ箱を設置する。袋は全校で集めたアルミ缶のリサイクル料金で払う
1016 郡上おどり時にゴミ袋を配る ごみ問題 駐車場でゴミ袋を配る ごみを拾ってくれた人にサンプルなどをプレゼントする 資金は中学生がアルミ缶などのリサイクルを呼びかけて集める
1017 観光客に協力してもらうごみ拾い ごみ問題 郡上おどり最終日にごみ拾いを行う 協力してくれた観光客には郡上の特産物の宣伝も兼ねてプレゼントする
1018 町をきれいにするためにゴミを集めるイベントを行う ごみ問題 観光客にごみ袋を渡す 駐車場の前にゴミ袋を置く 観光客にはパンフレットを渡し郡上のことを知ってもらう 資金はアルミ缶のリサイクルなどで集める
1019 ゴミを減らすためにゴミ袋を配る ごみ問題 駐車場でごみ袋を配る ごみ袋を購入するための資金はアルミ缶のリサイクルなどを呼びかけて集める
1020 川を清掃する ごみ問題 地域活性 釣り人などに分かるよう看板を立てる 呼びかけのステッカーやポスターを貼る 川がきれいになることで観光客が増え地域活性につながる
1021 若い人の食の安定を図る 雇用問題 使っていない田んぼや家などを会社を開こうと思っている人などに売る 工場などを開き郡上の若者が働く場所をつくる 
1022 郡上の文化を守るために多くの人に広めていく 伝統文化の継承 郡上の文化を簡単に誰でも学べたり体験できるよう、博覧館や旧庁舎記念館などで行う。夏には郡上おどりの会場近くで文化を学んでもらうコーナーをつくる
1023 郡上の歴史を漫画本にする 歴史の伝承 郡上市内の絵師に郡上一揆を取り上げた歴史漫画を描いてもらう 資料や特典を付けて販売する
2001 郡上市における人口減少の問題 人口減少 町を明るくするために、歩道の近くや公園などに花を植える ごみ拾いや草取りを町全体で行う ボランティアや学校の行事として行う
2002 郡上市における人口減少の問題 人口減少 災害防止のパンフレットをつくる AEDがある場所の看板設置 外国人観光客にも分かるような避難場所を示すマップをつくる
2003 郡上市における人口減少の問題 人口減少 市内で空き家の整備をする技術者を集め「空き家リサイクル」を行う 今ある郡上市の取り組みを広めるためのポスター・冊子を作成する
2004 郡上市における人口減少の問題 人口減少 「郡上市に人を呼び込もう!」作戦 郡上市外に住む人を呼び、市内の人出不足の事業所で働いてもらう 空き家を安く借りられたり優遇カードを配布するなどのサービスを行う
2005 郡上市における人口減少の問題 人口減少 「ビッグダディ計画」3人以上の子どもがいる世帯には、商店街の割引制度を適用する(証明書を発行する) 
2006 郡上鳥獣自然パークプロジェクト 獣害問題 動物たちが自然に森の中で過ごす様子を空中展望台やツリーハウス、空中散歩のできる自転車などから観察できる ツリーハウスには宿泊もできる
2007 バリケードプロジェクト 獣害問題 廃材を集める場所をつくり、被害を受けている地域の人が集まった廃材を使って安い費用でバリケードをつくる 
2008 鳥獣被害 獣害問題 皆に気を付けてもらうために、パンフレット・ポスターをつくる 中学生がポスター・パンフレットのデザインを考える
2009 自然を守るためにごみをなくす ごみ問題 ごみが多い場所にごみ箱の設置をお願いする ごみ箱の場所を示すポスターや美化啓発ポスターをはる
2010 観光客を増やすためマップをつくる 観光客の減少 観光客は夏は多いが秋冬になると減ってしまうため「喫茶店マップ」をつくる マップを配り若者を呼び込む
2011 観光客が増えるような魅力のある鮎料理 観光客の減少 郡上でとれた鮎や野菜を使って魚の形をしたカルツォーネをつくる 食べ歩きのできる手軽なものにする
2012 冬に観光客を呼ぼう 観光客の減少 町の人たちに協力してもらい家にあるライトなどを活用して家の前や屋根の上に置き、八幡城から見たときに魚の形に見えるようにする
2013 郡上おどりを知ってもらう企画を考えよう 観光客の減少 夏は郡上おどりや釣りに来る観光客が多いが冬になると減るため、「冬の郡上おどり」」をする 2月に城山トンネルの中で行う
2014 若い釣り人を増やそう 地域活性 中学生・高校生を対象とした鮎釣り大会を開催する 大会前には釣りの講習会を行う
2015 郡上の産業を活発にする 地域活性 郡上市内のお店に特産物を使った料理をつくってもらい祭典つぃてイベントを行う 特産品を使った料理を紹介する よりたくさんの人にきてもらうためにチラシやポスターをつくる
2016 郡上の祭典 地域活性 郡上の特産品を集めて祭典を開く 奥美濃カレー・酒・みたらしだんご・下駄・サイダー・五平餅・鮎・みそ・ヨーグルト・牛乳・鶏ちゃん・明宝ハムなど)
2017 伝統文化を守るためどんな人でも参加できる企画 伝統文化の継承継承 郡上の伝統文化(郡上おどり・高雄歌舞伎)の後継者が減っているため、それぞれのパンフレットをつくる
3001 なぜ人口は減少するのか 人口減少 保育サービスの充実(子育て相談の場所提供・子どもが安全に遊べる施設の充実・保育者の確保)若者がくらしやすい環境つくり(家賃を安価で提供・白鳥おどりのPR)
3002 町の人口減少 人口減少 郡上市で子育てをする人が少ないので子どもが少なくなってきている 若い親でも負担の少ないアパートをつくる
3003 人口減少への対応 人口減少 テレビ局に取材にきてもらえるPR活動を行う(山・川などの自然) 清掃活動を行う 高齢者でもできる仕事をつくる 
3004 町の人口減少 人口減少 ホームステイなどを通して住みやすさをアピールする 踊り・登山・スキーなど郡上の楽しさを知ってもらう インターネットで仕事ができる環境をつくる
3005 郡上の人口減少問題の対策 人口減少 子どもの才能を開花させる市立保育園・小学校・中学校をつくる 世界に通用するアスリート・歌手・芸能人を育てる
3006 人口の減少 人口減少 少子高齢化対策のため、子育て支援・保育サービス・産科・小児科を充実する 高齢者でも働ける仕事をつくる(郡上の自然を生かした仕事)
3007 町の人口減少 人口減少 子どもを預ける時間帯を選べる保育園・子育て支援センターをつくる 高齢者のための家をつくる
3008 町の人口減少 人口減少 保育園を夜遅くまで利用できるようにする バスを増やす ボランティア介護 買い物難民の支援
3009 人口減少 人口減少 住宅街をつくり家族に住んでもらう 町の掃除をしたり木を植える 保育園をつくり費用を負担する 出産費用を負担する 産休休暇を延長する 赤ちゃん講座を開く
3010 町の人口減少 人口減少 地域清掃の回数を増やし郡上に住みたくなるような環境をつくる 白鳥おどりの規模を大きくする お見合いができる場所をつくる
3011 人口減少 人口減少 古民家を安く提供する 2世帯で住む人にはスキーリフト券をプレゼントする 畑など農業が自由にできる場所を近くにつくる 宣伝として動画投稿サイトに動画を投稿する
3012 町の人口減少を防ぐ 人口減少 郡上の観光地を巡るスタンプラリーツアーを開催する スタンプラリーマップをつくりスタンプを全員押した人に郡上の特産物をプレゼント 期間中は一部の建物をカラフルにする
3013 町の人口減少 人口減少 託児所をつくり学童保育ができるようにする 勉強やスポーツ、芸術を向上させるため、人材の育成を行う
3014 まちの人口減少 人口減少 親子が集まる場所をつくる 婚姻率を高めるためお見合いをする  ポスターをつくる
3015 まちの人口減少 人口減少 郡上市のイメージキャラクターを募集する ポスターをつくる イメージ曲をつくる
3016 まちの人口減少対策 人口減少 公園を新しくする 祭りを開催する 交通を整備する 都市部から市内保育園への入園を呼びかける
3017 まちの人口の減少 人口減少 暮らしやすい魅力に満ちた地域をつくるために、文化・スポーツ・レクレーション施設の充実をはかる 
3018 人口減少問題に向けて 人口減少 踊りの広告をつくる 自然が多いことを生かすため、植樹のイベントを増やす
3019 まちの人口減少 人口減少 市内飲食店に手書きで書いた郡上の四季の行事がわかるポスターを貼る 市外から人が集まりそうなときに中学生がお店に行き直接アピールする
3020 人口の減少について 人口減少 鮎料理の有名な店をチェーン店にして人を集める  店の看板をつくる
3021 動物による農作物の被害 鳥獣被害 生ごみを放置しない 電柵をはる 森の木を手入れする 収穫していない柿や栗などを収穫する 実のなる木を植えて動物たちの餌にする
3022 動物による農作物の被害 鳥獣被害・猟友会員の高齢化・会員の減少 木の実がなる木を山に植える 猟師を増やすためポスターで呼びかける
3023 動物による農作物の被害 鳥獣被害 動物の利活用(捕獲動物を食肉として利用) 担い手の確保 広告やテレビで興味をひきつける
3024 動物による農作物の被害 鳥獣被害 獣害防除の十か条をつくり住民に広めて意識を高める パンフレット・ケーブルテレビで周知する
3025 動物による農作物の被害 鳥獣被害 休耕地などの草刈を地域で行い集落周辺から隠れる場所をなくす かかしをつくる 山奥に果物を置く
3026 動物による農作物の被害 鳥獣被害 電気柵をつける 光るものを無料支給し農作物を守る ラジオなどの音を鳴らす
3027 動物による農作物の被害 鳥獣被害 イノシシやシカの需要を増やし猟師を増やす 美味しいジビエ料理を考案する サイトを立ち上げレシピを公開する
3028 動物による農作物の被害 鳥獣被害 野菜・生ごみを放置しない ヤブ化した竹林を間伐する ポスター・広報郡上などに掲載する
3029 動物による農作物の被害 鳥獣被害 ネット柵、ワイアーメッシュ、金属柵よりも効果的な電気柵を設置する 環境を汚さない
3030 動物による農作物の被害 鳥獣被害 林から30メートルの場所に畑をつくらない 捕獲して食用にする
3031 動物による農作物の被害 鳥獣被害 電気柵の設置 モンキードッグの養成 ロケット花火を使用する 
3032 まちづくりプロジェクトGUJO 地域活性 郡上の魅力を伝える郡上良良ちゃんカードをつくる カードを10枚集めると郡上良良ちゃんTシャツがもらえる
3033 郡上市を消滅させないぞ 地域活性 英語版の郡上おどりや白鳥おどりをつくる 人気アニメ「のうりん」をアピール 
3034 郡上の食材堪能ツアー 地域活性 トウモロコシの収穫体験、牛乳の搾乳体験、明宝ハムの工場見学などを行う
3035 郡上八幡の観光地めぐり 地域活性 観光地めぐりのツアーを中学生が考える HPに掲載するなど情報を発信する
3036 長良川鉄道の観光鉄道としての役割の強化 長良川鉄道利用者の減少 美濃白鳥~北農間でレールマウンテンバイク 引退車両を再利用しサイクリング列車
3037 長良川鉄道を赤字から黒字に 長良川鉄道利用者の減少 平日の朝夕のラッシュ時や土日に急行列車を運行し素早く移動できるようにする 小学校や保育園の遠足で長良川鉄道を利用し小さい子に鉄道に親しんでもらう
3038 長良川鉄道を赤字から黒字に 長良川鉄道利用者の減少 車内でBGMを流す 駅をきれいにする 郡上市内の店が協力して駅弁をつくる 線路を整備する
4001 障がい者が観光を楽しめるようなまちづくりをここ郡上から 障がい者のための環境づくり 業者対象にバリアフリーコンテストを行う 地域住民による審査を行う 障がい者のための盆踊り大会を行う

 

開催されます

第6回目の開催となる、まちづくりフェスティバルが今年は11月29日(土)に開催されます。


市民協働センターの主催事業となって3年目となる今回はさらに内容を充実させ、テーマを…

『住みえぇ郡上』とし、地域と暮らしの未来を考え、創る場として設定しています。

 

高齢化と、人口減少が進む地域の中で、子育て世代が安心して満足できるまちづくりが出来なければ若年層の減少はさらに広がってしまいます。


今回は、その女性と子どもをコミュニティの中心テーマとしてとらえ、"地域の子育てから考えるまちづくり"を講演テーマとしています。


また、地域で自主的な子育て活動を実践し、ママの助け合いネットワーク活動を推進している『かえるっこくらぶ』の活動実践の紹介も行います。


後半は『Good郡上プロジェクト』として、これまで一般、中学生の枠で募集していた『まちづくりプロジェクトコンテスト』を、高校性と中学生を対象に実施することになりました。


現在及び近い将来、郡上市が抱える課題を"未来の市民である"子ども達の視点からその課題に向けた解決策を提案してもらおうというものです。


大人にとっても難問である地域の課題ですが、地域の未来を担う子ども達にとっても切実な課題です。子ども達の率直な意見を大人たちがまちづくりに反映していくための機会になることを期待しています。

 

市民協働センターでは、是非多くの皆さんに、このまちづくりフェスティバルに参加していただき、郡上の地域づくり、市民協働の活動に参加していただければと期待しています。

 

日 時  平成26年11月29日(土) 開場 12:00 開会 13:00 (閉会15:20頃)

場 所 八幡防災センター 防災研修室 八幡町島谷228 郡上市役所本庁舎隣り
備 考 入場無料・託児あり


同時開催として…

10時半から子育てママグループによる癒し体験イベント『おひさまカフェ』が開催されます。
こちらもあわせて参加ください (八幡防災センター防災会議室・食堂)
 当日は、郡上市マスコットキャラクター良良ちゃんも顔を出します!!